• メニュー
  • トップページ
  • CGSpについて
  • 活動・現地レポート
  • 団体概要
  • パートナー・協力団体
  • 参加方法
  • お問い合せ・取材

2018年10月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

活動・現地レポート

2015年1月29日

学校、施設の訪問レポート始まります!

はじめまして!

カンボジア現地でのサポートの様子をお伝えさせて頂くことになりました、涼子と申します。

宜しくお願いいたします!!

今まで訪問させて頂いた施設の中で、「この人!この施設!を応援したい!!」と強く感じた場所、4カ所を毎月訪れて、現状をお伝えしていきます。

日本の方は「カンボジア」という国に、どんなイメージを持っていますか?

皆さんのイメージ通りのこともあると思いますし、印象とは全く違う面も沢山あると思います。

私がカンボジアで生活しながら、実際に見て聞いて感じたことを、ありのままお伝えできればと思っています。

今回ご紹介するのは、

「Vulnerable Children Assistance Orgenization」

2009年に閉鎖された、ごみ山のすぐ近くにある学校です。

近所に住む、6歳~12歳の子供を対象に、午前と午後の2時間、クメール語と英語を教えます。160名程の子供たちが通っています。

他の地域には、美容、調理、ミシン等、職業訓練を受けられる施設もあります。

代表のピダエンさんは、ご自身の子供時代にゴミを拾って生活し、教育を受けることが困難であった経験から、現在の施設を設立しました。

カンボジアには、家族の仕事の手伝いの為、生活が苦しい為、等の理由で仕事をし、学校に通えない子供たちもいます。

そういった子供たちの家族にも「教育を受けることの大切さ」を伝えて理解してもらうことも重要です。

 

授業が終わった後の子供たちが遊ぶ姿は元気いっぱい!

「こんにちは!」と話し掛けてくれる子供もいて嬉しかったです。

 

 

image

 

 

 

image