• メニュー
  • トップページ
  • CGSpについて
  • 活動・現地レポート
  • 団体概要
  • パートナー・協力団体
  • 参加方法
  • お問い合せ・取材

2018年10月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

活動・現地レポート

2015年2月6日

バリアフリーの世の中を目指して

皆さん、こんにちは!!

今回ご紹介するのは、PPCIL(PHNOMPENH CENTER FOR INDEPENDENT LIVING)さんです。

image代表のサミスさんの、これまでの活動と、これからの活動にかける熱い想いは、毎回お話を聞くたびに感動してしまいます。

PPCILさんの主な活動は、

・障害(障害者)のことを世の中に広げて理解してもらうための活動

・障害者を持った方自身が、自立する。自立できる。という事を知ってもらうための活動を行っています。

カンボジアでは、障害を持った方に対する理解は現在でもほとんどないそうです。

障害を持ってしまたことは自分のせい。前世の行いのせい。という考え方が根強く、

本人や家族が「障害を持った人が自立して生活をする」ことは出来ない、と始めから考えてしまっている。

そうではなく、障害を持った人も自立して生活できること。出来ることが沢山あることを知ってもらいたい。

サミスさんは日本へ1年間研修に行った経験があり、そこで日本のバリアフリーや介護、自立支援に関することを学んで考え方が変わったそうです。

カンボジアも、障害者を持つ方に理解のある世の中になって欲しい。日本語がとてもお上手でもあるサミスさんのお話を聞いて、私たちにも何かできることがあれば応援させてもらいたい!!と強く思いました。